CODE-CFB

不定期更新

ガールズ&パンツァー 視聴

2012年秋アニメの1つである、ガールズ&パンツァーを視聴。1クール、全12話。ジャンルは学園、スポーツ、ミリタリー。キャッチコピーは「美少女と戦車が織りなす、ハートフル・タンク・ストーリー!」。話数カウントは「第○○話」。サブタイトルの法則は「○○(丁寧語)!」であること。アニメーション制作はアクタス

f:id:Rgscedp19872:20191218132812p:plain

ストーリー(公式サイトより)

戦車を使った武道「戦車道」が華道や茶道と並んで大和撫子のたしなみとされている世界。

県立大洗女子学園に転校生・西住みほがやってきた。戦車道が嫌いで、戦車道のない大洗女子を選んだみほ。ところが転校そうそう生徒会長に呼び出され、必修選択科目で戦車道を選択し、戦車道全国大会に出場するよう強要される。しかも、集まったメンバーは個性派ばかり。

華道家元の娘の五十鈴華、恋に恋する武部沙織、戦車マニアの秋山優花里、朝に弱い優等生の冷泉麻子――。

友達とのフツーの女子高生活を夢見るみほの、ささやかな願いは叶うのか――?

最初、知識が全くない状態でこのタイトルを見て「女の子とパンツ…?」と思ってました。パンツァーはドイツ語で「戦車」という意味で、それに合わせてなのか、&の部分の表記も「and」ではなく「und」となっています。戦車道をテーマにしたアニメだけあって、作中ではかなりの種類の戦車が登場してました(ただし第二次世界大戦が終了するまでに作られたものに限る)。

戦闘シーンは予想してた可愛いものではなく、結構ガチな戦いでしたね。ここまでハードだと途中で登場人物が酷い怪我を負ったり、死人が出るんじゃないかと思いましたが、それはありませんでした。そこはちゃんと保障されてるんだ。

でも一瞬で相手を片付けた描写が出てきた時はちょっと困惑したな…。全12話じゃなくて全13話だったら、その相手との戦いがきっちり出来てたのかも。調べてみたらそれはOVAでやってました。これも放送してくれないかな~。