C:F Blog

日常生活で起こったこと・思ったことを書いています

新しくなったEdge

Microsoftが提供しているブラウザ「Edge」が新しくなりました。名前はそのままMicrosoft Edgeで変わりませんが、Chromiumというデータをベースに開発されているため、アイコンやデザインが大きく変わっています。

f:id:Rgscedp19872:20200117174446p:plain

まあ僕はFirefoxを利用し続けるんですけどね。デザイン的にも使いやすさ的にも、Firefoxが一番だと思ってますから。

涼宮ハルヒの憂鬱 視聴

2006年春アニメの1つである、涼宮ハルヒの憂鬱を視聴。1クール、全14話。ジャンルは学園、SF、セカイ系。話数カウントは「第○○話」。サブタイトルの法則は特になし。アニメーション制作は京都アニメーション

f:id:Rgscedp19872:20200116143004p:plain

ストーリー(公式サイトより)

ただの人間には興味ありません!この中に宇宙人、未来人、超能力者がいたら、あたしのところに来なさい。以上!」
入学早々、時を止めるような挨拶をした涼宮ハルヒ。そんなSF小説じゃあるまいし…と、誰でもそう思う…。しかしハルヒは心の底から真剣だった。それに気づいたキョンをとりまく日常は、もうすでに超常になっていた…。
涼宮ハルヒが団長の学校未公式団体「SOS団」が繰り広げるSF風味の学園ストーリー。 

涼宮ハルヒの憂鬱のアニメは、2006年と2009年の2回放送されていますが、今回の再放送は2006年のバージョン。今からすれば「ちょっと古い感じの絵だな」となりますが、放送当時(2006年)からすればかなりのクオリティだったようです。まあこの頃はデジタル放送が始まったばかりだったからな。

2000年代を代表するアニメとして名前だけは聞いていましたが、実際見てみるとそれほどでもなかったような気がします。その原因の1つとして、2009年版だとちゃんと時系列通りに話が進むんですが、2006年版だとバラバラ…というのが挙げられますね。1つのエピソードが終わると、全く違う話。それが終わるとまた別の話。当然「なんか知らない奴がいるぞ」「あれ、そんなことあったか?」といった感想しか出てこない。

2009年版を2クールで放送してほしかったなあ。枠の確保が難しかったのかな。

俺を好きなのはお前だけかよ 視聴

2019年秋アニメの1つである、俺を好きなのはお前だけかよを視聴。1クール、全12話。ジャンルはラブコメ、学園。キャッチコピーは「俺は、すべてのラブコメを過去にする」。話数カウントは「#○○」。サブタイトルの法則は「一人称が入る」こと。アニメーション制作はCONNECT。

f:id:Rgscedp19872:20200115144650p:plain

ストーリー(公式サイトより)

ここで質問。もしも、気になる子からデートに誘われたらどうする?

しかもお相手は一人じゃなく、クール系美人・コスモス先輩と可愛い系幼なじみ・ひまわりの二大美少女!!もちろん、意気揚々と待ち合わせに向かうよね。そしてそこで告げられた『想い』とは―――

……「俺じゃないヤツが好き」っていう『恋愛相談』だった。ハハハ。

……やめだ!やめやめ!『鈍感系無害キャラ』から、つい本来の俺に戻ってしまった。でも、俺はここでへこたれない。恋愛相談に乗れば、俺を好きになってくれるかもしれないからな!

そんな俺の悲しい孤軍奮闘っぷりを、傍で見つめる少女がいた。三つ編みメガネの陰気な少女・パンジーこと三色院董子。

俺はコイツが嫌いです。なのに……

俺を好きなのはお前だけかよ!! 

自分がモブだと気づけなかった主人公と個性的な華々しい女の子達のちょっと刺激的な学園青春ラブ(?)コメディー、ここに始まる!?

主人公を含め、キャラクター達が本名ではなくあだ名で呼ばれているのがほとんどです。なので「あれ、こいつの本名って何だったっけ?」と忘れそうになった時は、エンドクレジットで確認してました。

最初からいきなりベンチに座って告白をされるのではなく、親友のことが好きだから相談に乗ってほしいというものでした。しかし3人目は「あなたのことが好き」と正真正銘の告白をします。でも主人公は彼女のことが苦手でした。そこから主人公は学園の色んな騒動に巻き込まれていくことに。

そして何だかんだで騒動を解決し続け、迎えた最終回。何と終わりませんでした。主人公がライバルに対決を挑んだところで終了、続きはOVAということに…。確かに原作はまだ続いてるけどさ、アニメはアニメできっちり終わらせてくれよ。

昼ごはん

豚肩ロースの豚焼肉定食。530円。通常は600円ですが、クーポン券を使うと70円引きだったため、この値段です。

f:id:Rgscedp19872:20200114130533j:plain

僕の場合牛肉はもちろん好きなんですが、豚肉の方が好きです。家族で焼肉をしてる時も、豚肉を一番多く取ります。そこに定番のバーベキューソースをかける。隣にある大根おろしとネギにも。そして口に運ぶ。うーむ、たまりませんなぁこの味は。

なお最初に出てくる熱いお茶については、水で薄めつつ飲むようにしています。冬でも熱い飲み物は飲まない人ですから。

SHOW BY ROCK!!# 視聴

2016年秋アニメの1つである、SHOW BY ROCK!!#を視聴。1クール、全12話。ジャンルはロック音楽。話数カウントは「track-○○」。サブタイトルの法則は「劇中で使われる曲名(一部例外あり)」であること。アニメーション制作はボンズ

f:id:Rgscedp19872:20200113144735p:plain

ストーリー(公式サイトより)

シアンが去った後、平和な日々が続いていたMIDICITY。

だが、音楽を殲滅しすべてを支配しようとする「闇の女王」の出現により、かつてない最大の危機が迫っていた。―――――

一方、現実世界に戻ったシアンこと聖川詩杏は、学校の音楽活動でグダグダと悩んでいた。ふとした瞬間、MIDICITYでの楽しかった日々を思い出す詩杏。そんな彼女の元に、得体の知れない何者かが迫る。シアン達の運命やいかに!? ―――――

最初からいきなりMIDICITYが壊滅してるぞ、と思ったら音楽が嫌いな女王によって起こされた出来事でした。それを見ていたあるバンドが「この未来は変えなくては」と言って過去にタイムスリップ。そして半ば強引に現実世界にいた聖川詩杏ことシアンを、再びMIDICITYに連れていきます。こうしてシアンは、またプラズマジカとしてメンバーと一緒に活動することになるのでした。

敵だったバンドが味方になったり、逆に新たな敵のバンドが登場したりしましたが、ちゃんとそのキャラクターの事情も説明されていました。しかしラスボスの闇の女王ことヴィクトリアスについては、割とあっさりしてたな。もう1話あれば良かったんだけど。

そして1月からは主要キャラクターを一新した「ましゅまいれっしゅ!!」が始まっています。まだ1話も見てないけど、制作スタッフも全然違うものになっている…大丈夫かな。

SHIROBAKO 視聴

2014年秋アニメの1つである、SHIROBAKOを視聴。2クール、全24話。ジャンルはアニメ業界群像劇。キャッチコピーは「アニメーション業界の今が、ここにある。」。話数カウントは「#○○」。サブタイトルの法則は「登場人物の台詞」であること。アニメーション制作はP.A.WORKS

f:id:Rgscedp19872:20200112145139p:plain

ストーリー(公式サイトより)

SHIROBAKO とは?
シロバコとは映像業界で使われる白い箱に入ったビデオテープの事でありひとつの作品が完成した際に、制作者が最初に手にする事が出来る成果物である。イラストや写真等で華やかに作られている販売用パッケージと比べれば、白い箱に入っただけのテープは地味かもしれない。しかし、そこにはクリエイター達の想いが詰まっている。
この物語は、5人の夢追う女の子を中心に、シロバコの完成を目指し奮闘するアニメ業界にスポットを当て、日々起こるトラブルや、クリエイティブな仕事ゆえに起こる葛藤や挫折、集団で作るからこそ起こる結束や衝突といったアニメ業界の日常を描いた群像劇作品である。

そして、5人が共に目指した夢への挑戦。

その先に見出す希望へと続くサクセスストーリー。
そう、アニメの今がここにある…

4~5年前に一度このアニメを見て、凄く面白かったのを覚えています。いつか再放送しないかな…と思っていたら、BSフジにて年始に一挙放送を実施すると聞いたので、迷わず録画予約し、視聴。年末年始でやっていた番組と並行する形で視聴しました。冬アニメがまだあまり見れていないのはこのためです。

制作進行として職務に励む宮森あおい。アニメーターとして日々絵を描いていく安原絵麻。声優としてデビューを目指す坂木しずか。3Dクリエイターとしてモデルを作っている藤堂美沙。大学生だが脚本家を目指す今井みどり

彼女たちは高校生の時に「この5人でアニメーションを作る」ことを約束しました。しかし実際にアニメ業界に入ってみると、なかなか上手くいきません。制作上のトラブルで放送できるか怪しかったり、なかなか仕事が回ってこなかったり…。しかし、アニメは完成させないと放送できません。これはそんな「アニメ業界あるある」を描いた作品です。

2019年秋アニメは総集編が多かったけど、SHIROBAKOで起きてるようなことが実際に起こってるからなんだろうね。1本1本のクオリティを上げるには、もう少しアニメの本数を減らした方がいいと思う。

超人高校生たちは異世界でも余裕で生き抜くようです! 視聴

2019年秋アニメの1つである、超人高校生たちは異世界でも余裕で生き抜くようです!を視聴。1クール、全12話。ジャンルはファンタジー。キャッチコピーは「気楽にいこう この世界を壊してしまわないようにね」。話数カウントは「#○○」。サブタイトルの法則は「○○は××ようです!」であること。アニメーション制作はproject No.9

f:id:Rgscedp19872:20200111113717p:plain

ストーリー(公式サイトより)

飛行機事故に巻き込まれた七人の高校生。

彼らが目を覚ますとそこは魔法や獣人の存在する異世界だった。
突然の事態に彼らは混乱――することもなく(!?)
電気もない世界で発電所を作ったり、 ちょっと出稼ぎに出ただけで大都市の経済を牛耳ったり、 あげく悪政に苦しむ恩人たちのために悪徳貴族と戦争したり、やりたい放題!?

そう。彼らは誰一人普通の高校生ではなく、それぞれが政治や経済、科学や医療の頂点に立つ超人高校生だったのだ!

これは地球最高の叡智と技術を持つドリームチームによる、オーバーテクノロジーを自重しない異世界革命物語である!

異世界ものでよくある「一般人だけど、凄い力を貰って超人になった」ではなく、「最初から卓越した力を持った超人なので、その力を利用していく」ことになります。しかもそんな凄い超人たちが1人ではなく7人もいる。そりゃあ主人公サイドの革命がサクサク進むわけだわ。

紹介しておくと、オッドアイの主人公が『政治家』、赤い帽子を被った少女が『発明家』、マフラーを巻いている少女が『ジャーナリスト』、白衣の女性が『医師』、和服で刀を持った女性が『剣豪』、金髪の少年が『マジシャン』、黒髪の青年が『実業家』となります。マジシャンの少年は、もはやマジックというより超能力っぽかったけど。

もしもダンガンロンパシリーズで出てくるキャラクターが異世界に行ったら、同じような感じになるんだろうな、と予想してみる。発明家とかマジシャンとか出てたし。

オーズ・電王・オールライダー レッツゴー仮面ライダー 視聴

2011年4月に公開された、オーズ・電王・オールライダー レッツゴー仮面ライダーを視聴。キャッチコピーは「世界よ、これが日本のヒーローだ!!」。

f:id:Rgscedp19872:20200110123143p:plain

ストーリー(公式サイトアーカイブより)

モールイマジンと戦っていたオーズは、デンライナーでやってきたNEW電王と出会った。

「1971年11月11日」へ向かったモールイマジンを追って、幸太郎&テディ、そしてデンライナーに強引に乗り込んだ映司&アンクたちが過去へ飛ぶ。NEW電王はモールイマジンを倒したが、アンクがセルメダルを落としたことに、誰も気がついていなかった。
そして「2011年4月1日」へと戻ってきた映司たち。だが、なんと、この時代の日本は悪の秘密結社ショッカーに支配されていた。しかも、ショッカーの中で最強の改造人間として君臨しているのは、あの仮面ライダー1号・2号!
歴史が変わってしまったのは、アンクが落としたメダルが原因だった。ショッカー科学者たちは、独自に手に入れていたコアメダルを「ショッカーメダル」に改造。この「ショッカーメダル」がアンクの落としたセルメダルを吸収したことで、究極怪人ショッカーグリードが誕生したのである。その凄まじいパワーに、1号・2号は敗北。彼らは洗脳され、ショッカー怪人の頂点に君臨する存在となった。当然ながら、それ以来、新たなライダーは一人として誕生していなかった――
日本を手中に収めたショッカーは今、ついに世界征服に着手しようとしていた。すぐに歴史を修復しなければ!

デンライナーは再び過去へ飛び、現在に残った映司はショッカー怪人たちと戦う。果たして幸太郎たちは、ショッカーグリードの誕生を阻止できるのか?そして孤軍奮闘する映司の運命は!?人類最期の日が近づく……。よみがえれ、われらの仮面ライダー!!

仮面ライダー生誕40周年記念作品。タイトルに「オーズ・電王」とあるように、この2人がメインライダーとなります。ただし電王についてはテレビ本編に登場したものではなく、主人公とは別の人が変身するNEW電王。電王が出てくる映画って、ホントにたくさんあるよな。人気だからか。

1号・2号・V3はオリジナルキャストが声をあてているほか、1号からオーズまでのすべての仮面ライダーが終盤に登場します(ただし声あては別の人)。Wのみ変身シーンもあり。なお、主人公ライダーだけではなくサブライダーも含まれています。それらが全員ライダーキックをやる。相手は死ぬ。

来年は生誕50周年を迎える仮面ライダーシリーズ。もしかしたら今回出てきたライダーに加えて、この10年間で新たに登場したライダーも出てくるかも…? 人数がさらにとんでもないことになりそうですが。

仮面ライダー×仮面ライダー オーズ&ダブル feat.スカル MOVIE大戦CORE 視聴

2010年12月に公開された、仮面ライダー×仮面ライダー オーズ&ダブル feat.スカル MOVIE大戦COREを視聴。キャッチコピーは「仮面ライダー、地球の中心「核(コア)」へ。」。

f:id:Rgscedp19872:20200109163352p:plain

ストーリー(公式サイトのアーカイブより)

仮面ライダースカル メッセージforダブル」

竜との結婚式を迎えてマリッジブルーの亜樹子は、翔太郎とフィリップと共に戦いに巻きこまれ、プテラノドンヤミーが持つメモリーメモリの力で、鳴海荘吉の過去を垣間見ることになる。

舞台は風都で最初に起きたドーパント事件。なぜ荘吉は仮面ライダースカルになったのか?その謎がハードボイルドに明かされて行く……。

 

仮面ライダーオーズ ノブナガの野望」

鎧に身をまとった織田信長のミイラが発見され、鴻上によって蘇生実験が開始される。

ホムンクルス=人造人間となった<ノブナガ>と出会った映司は面倒を見る事になるが、ノブナガは尽きぬ欲望と復讐心に満たされていた。映司の心配をよそに、ノブナガはその2つの心を解き放って行く……。

 

「MOVIE大戦CORE」

過去の仮面ライダーたちの記憶を利用した恐ろしく巨大なエネルギー体の仮面ライダーが登場。それは<仮面ライダーコア>と名乗り、おぞましき力を発動させて行く!その力を止めるために、ダブルライダーは地球の奥深く中心「核」へと向かう……!

Wとオーズは、圧倒的な力を見せるコアとの激闘を開始してマグマの底に突入した。はたしてそこに存在する、コアのパワー源とは……!?

およそ1時間半の尺の中で3つのエピソードが組み込まれており、仮面ライダーWとオーズのエピソードが1つずつ、MOVIE大戦COREではWとオーズが協力して敵を倒す内容となっています。平等に30分ずつというわけではなく、COREは最後のエンディングを含めて15分くらいだったかな。ラスボスを倒すだけだったのでそれくらいがちょうどいいか。

Wの方はテレビシリーズやこれまで見てきたものと連動していましたが、オーズの方は本編と色々と違っている描写が見られたのでパラレルっぽい。でもそれだと、最後のWと共闘するシーンもパラレルってことになっちゃうんだよな…。まあ、考えても仕方ないか。別々の世界のライダーが一緒に戦ってるだけでも、僕は満足ですから。

外付けハードディスク

PS4の容量がそろそろいっぱいになるので、外付けハードディスクを買ってきました。容量は2TBで、電源に接続する必要がないポータブル型です。

f:id:Rgscedp19872:20200108185630j:plain

早速PS4にセットしてフォーマット。やり方は検索すれば出てきます。

f:id:Rgscedp19872:20200108190330p:plain

本体ストレージと同じく、実際に2TB全部使えるわけではありません。それでもこれだけあれば、2~3年はもつでしょう。本体の方は1年半で800GBほど使ったので。

しかし画像の数字を見てもらうと分かるんですが、本体はまだ65GBほど残ってるんですよ。なのに42GBのゲームをダウンロードしようとしたら「容量不足のためダウンロードできません」って出たんですけど、いったいどういうことなんでしょうね。