C:F Blog

日常生活で起こったこと・思ったことを書いています

戦姫絶唱シンフォギアGX 視聴

2015年夏アニメの1つである、戦姫絶唱シンフォギアGXを視聴。1クール、全13話。ジャンルはSF、変身ヒロイン、戦闘美少女。キャッチコピーは「勃発――魔法少女事変」。話数カウントは「EPISODE ○○」。サブタイトルの法則は特になし。アニメーション制作はサテライト。

f:id:Rgscedp19872:20190928223256p:plain

ストーリー(公式サイトより)

かつて――融合症例と呼ばれた少女は、世界終焉の真際に奇跡を掴み、
ガングニールのシンフォギアと適合を果たす。

地球霊長存続の名目で執行されようとしていた人類淘汰――「フロンティア事変」と称される一連の騒乱は、歌に血を通わせた少女たちの活躍によって終止符が打たれたが、新たな物語は、それから程なくして幕を開けるのであった。

亜宇宙を弧を描いて引き裂く超音速の落下物体。それは、ラグランジュ点での大気圏外活動を終え、地球に帰還しようとしていた国連所属のスペースシャトルであった。

システムトラブルから機能不全と陥り、このままでは機体の空中分解、あるいは地表ヘの激突は免れないという緊急事態に、息を飲むばかりの各国指導者たち。

遡る事、二度に渡り、世界を未曽有の危機より救ってきたシンフォギア装者たちも、その力を日本政府保有の軍備とみなされる以上、たとえ人道的救護支援であっても国外での活動はかなわず、待機を余儀なくされるのであった。

それから経過する100日余り。

フロンティア事変以降、認定特異災害「ノイズ」の観測は一例としてなく、事の顛末を知る誰もがノイズの根絶と被害の終息を予感していた頃。

本部にてモニターへと向かっていた藤尭 朔也と友里 あおいは、ノイズとは異なる、だが近似した反応波形を確認する。

場所は、横浜港大さん橋ふ頭付近。そこには、小さな匣をかかえ、逃げるように駆ける黒衣――<廃棄物11号>の姿が見られた。

世界を壊す、歌がある。

今はまだ、やがて訪れるその脅威に気づく者はなく、夏の夜空に、ただ赤き粉塵が舞い踊るのみであった。

時系列としては冒頭のみ2~3月あたりで、それ以降は6~7月といったところでしょうか。響は2年生に進級し、翼は卒業して海外へ、クリスは3年生に進級、調と切歌は響たちと同じ学校へ編入(年齢は響の1つ下であるため、1年生。マリアは20代のため編入なし)。響たちが所属する組織も国連直轄となり、より広い範囲での活動が可能となりました。

新たな敵は「錬金術師」と「オートスコアラー(自動人形)」、および彼女たちが生み出す「アルカ・ノイズ」。マリア達が味方となったものの、今までのシンフォギアシステムでは歯が立たず、途中で新たな姿「イグナイトモジュール」が登場します。ヒーローものでいう強化フォームのようなものですね。

そして、この記事を書いている時に気付いたことがあるんですが。シンフォギアシリーズのオープニングってGの時から1分40秒なんですね。普通は1分30秒なのに。エンディングもちょっと違っていて、話の終わりに曲のイントロが流れる→エンディング本編に移行(これが1分30秒)という形式が続いています。