CFXD2635

現在更新停止中

ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q 視聴

2012年11月に公開された、ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Qを視聴。キャッチコピーは特になし。アニメーション制作はカラー。

f:id:Rgscedp19872:20200829125124p:plain

ストーリー(KINENOTEより)

衛星軌道上に封印されていたエヴァンゲリオン初号機からサルベージされた碇シンジ。しかし目覚めた世界では14年が経過していた。

ミサトたち旧NERV職員らは、反NERV組織「WILLE」を立ち上げ、使徒とNERV側エヴァと戦っていた。WILLEは回収した初号機をコアとした艦艇「AAAヴンダー」を建造する。その艦内でシンジはミサトやアスカたちから冷たい態度を取られる。

綾波レイを助けた代償として初号機は「ニア・サードインパクト」を引き起こし、世界が半壊してしまったためであった。その犯人として扱われるシンジ。助けたはずのレイも初号機からサルベージされなかったと聞かされる。二度とエヴァに乗らないことを厳命され、もし乗り込んで次に覚醒した場合に備え爆弾付きの首輪まではめられるのであった。

そこにエヴァMark.09が襲来する。搭乗する「レイ」の声に促されシンジはMark.09の手に乗り脱出、NERV本部へと向かう。

荒廃したNERV本部でシンジは父ゲンドウと、謎の少年渚カヲルと出会う。ゲンドウはシンジにカヲルと共に新造されるエヴァ13号機に搭乗することを命令するのだった…。  

ヱヴァンゲリヲン新劇場版第3作目。ここから完全にテレビ版と違う展開になっていきます。前作の最後でレイを助けるために初号機で使徒を倒したまでは良かったのですが、そこで起こったニア・サードインパクトにより第3新東京市は壊滅。それどころか世界そのものも崩壊してしまい、シンジはそれを引き起こした犯人として扱われてしまいます。

当然NERV本部も壊滅しますが、どういうわけかそこにいた職員たちはNERVと敵対する組織、WILLE(ヴィレ)に異動。地上に作られた要塞都市ではなく天空を飛ぶ巨大な飛行機を本部として、使徒と戦っていました。

気付いたら14年経ってて、世界が崩壊して、さらに周りの人からは敵意を向けられてるって? 自分はただ大切な人を助けたかっただけなのに…。これはシンジじゃなくても、他の人が同じ状況に置かれたら「わけがわからないよ」と言いたくなるでしょう。

次回で完結とのことですが、本当に終わるのでしょうか。もう彼の心はボロボロなんですが。