C;F Blog

日常生活で起こったこと・思ったことを書いています

抽選で奇跡

僕が通っている大学で、ある授業中に起こった話です。

その授業は大学の中でも一番広いと言われる講義室でありました。200~250人は入れます。しかしその講義室ですら満員となり、外にも何十人といるという状態でした。今思えば300人以上はいたなあ。

担当教員は「このままでは授業ができないので抽選を行います」と言い、紙を配布。学籍番号を紙に書いて教員に渡し、シャッフルして適当に抜いた紙に書いてある学籍番号が、この授業を受けることができる…というもの。

当選人数は150人と断言。競争率は2倍越え。

 

僕は昔から運が無い方でした。ビンゴ大会では全くビンゴにならず、リーチすらかからない。運ゲーと呼ばれるマリオカートでは下位が多め。その他、運任せの出来事にはことごとく外れるというパターンが多く、今回も外れるのかな…と思っていました。

と、抽選を始めようとした時に先生が一言。

「まずこの中から2枚引いて、その人は当選です。そして抽選のお手伝いをしてもらいます」

マジか…当たった人はすげー運がいいんだろうなーと思った矢先。

「〇〇〇〇〇、□□□□君!(僕の名前)」

 

 

 

 

 

f:id:Rgscedp19872:20170415190345j:plain

(心の中で↑の言葉を叫ぶ!!)

 

奇跡……ッ!まさに奇跡であるッ!300分の2…つまり150分の1の確率で僕が選ばれたのだからッッ!!

 

その後は抽選を手伝って、予定通り受講者を150人まで絞りました。

終わった後に落選者が全員教室から出ると…見事にスッカスカ。これ、200人でも良かったんじゃ?もう終わったから仕方ないけどさ。

とりあえずこれで安心して授業が受けられます。履修登録を組み直す必要もなし。その分、テストで頑張らないとね。

広告を非表示にする