C:F Blog

日常生活で起こったこと・思ったことを書いています

はるかなレシーブ 視聴

2018年夏アニメの1つである、はるかなレシーブを視聴。1クール、全12話。ジャンルはスポーツ(ビーチバレー)。キャッチコピーは「高×低、素人×経験者、前向き×引っ込み思案......沖縄の地でビーチバレーのペアを組むことになった、 凸凹な二人の少女が呼吸を合わせ砂浜を翔ぶ――!!」。アニメーション制作はC2C。

f:id:Rgscedp19872:20181021192642p:plain

ストーリー(公式サイトより)

東京から沖縄に引っ越してきた高校2年生、大空遥。いつでも明るく前向きな遥だが、彼女にはコンプレックスがあった。それは普通の女の子より身長が高いこと。

一方、遥を空港に迎えに来た彼女と同い年の従姉妹、比嘉かなたにも悩みがあった。かなたは身長が伸びなかったせいで、大好きなビーチバレーを諦めてしまった過去を持つ。そんな凸凹な2人が、ふとしたきっかけでビーチバレーのペアを組むことに……。

広い砂のコートに味方はたった1人だけ。何よりもパートナーの存在が大切なビーチバレーで、2人はどんなプレーを見せるのか!? 真夏の太陽が照りつける沖縄のビーチで、今、少女たちの汗と情熱が輝き始める!!

沖縄を舞台として、少女たちがビーチバレーをします。普通のバレーボールとは違い、1チームは2名などの違いがありますが、ルールはちゃんと説明されるために知らない人でも楽しめます。

同じクールに放送され、同じスポーツアニメであるはねバド!と比べると「これが王道スポコンアニメなんだよ! はねバドは残念だったけどこれは面白い」という感じ。ギスギスした雰囲気にならず、勝利や敗北・練習を重ねてライバルに挑む。そこに至るまでの過程もしっかり書かれている。身体の描写も素晴らしかったですねムフフ。

ちなみに主人公の大空遥の身長は172センチ。僕より5センチ以上も高いのかあ…。しかもスタイルも抜群。現実にこういう女性がいたら2~3度見はしそう。