C;F Blog

日常生活で起こったこと・思ったことを書いています

ゆるキャン△ 視聴

2018年冬アニメの1つである、ゆるキャン△を視聴。1クール、全12話。ジャンルはキャンプ、旅行。キャッチコピーは「きっと、そらでつながってる」。アニメーション制作はC-Station。

f:id:Rgscedp19872:20180624005229p:plain

ストーリー(公式サイトより)

これは、ある冬の日の物語。
静岡から山梨に引っ越してきた女子高校生・なでしこは、“千円札の絵にもなっている富士山”を見るために自転車を走らせて本栖湖まで行ったものの、あいにく天気はくもり空。富士山も望めず、疲れ果てたなでしこはその場で眠りこけてしまう。目覚めてみるとすっかり夜。初めての場所で、帰り道もわからない。心細さに怯えるなでしこを救ったのは、1人キャンプ好きの女の子・リンだった。
冷えた身体を温めるために焚き火にあたる2人。
ぱちぱちと薪の爆ぜる音が、湖畔の静寂に沁み込んでいく。
焚き火を囲み、カレーめんをすすりながら会話するなでしことリン。
やがて2人が待ちに待った瞬間が訪れる。

「見えた……ふじさん……」

なでしことリン、2人の出会いから始まるアウトドア系ガールズストーリー。

女子高生たちが色んなところに行ってキャンプをします。食料や道具の準備から始まり、移動して風景を楽しみつつ、テントを張って野外調理をする、というところまで。キャンプの知識が全くない僕でも、ナレーションや登場人物がしっかりと解説してくれるのでよく分かりました。

主人公の各務原なでしこ(画像左端)を見ていると、カービィが擬人化した姿なんじゃないかと思ってしまうんですよ。よく食べるし、ピンク色だし。あれ待てよ、そう考えたらもう一人の主人公である志摩リン(画像右端)がメタナイトっぽく見えてきたぞ…。

ちなみにアニメの3~4話あたりまで、ずっと「ゆるキャンデルタ」って読んでました。△はキャンプのピクトグラムを表しており、発音はしないみたいです。