C:F Blog

日常生活で起こったこと・思ったことを書いています

仮面ライダーウィザード 視聴

2012年9月から2013年9月にかけて放送された、仮面ライダーウィザードを視聴。全53話。キャッチコピーは「さあ、ショータイムだ!」。サブタイトルの法則は特になし。

f:id:Rgscedp19872:20201122175950p:plain

ストーリー(仮面ライダー公式ポータルサイトより)

文明の進歩と共に忘れ去られてしまった「魔法」。だが、現代にも魔法使いは存在した。彼の名は操真晴人。

魔法の指輪「ウィザードリング」で仮面ライダーウィザードへと変身し、絶望から生まれる魔物「ファントム」から人々を救うために戦い続けている……。

晴人が魔法使いになった理由、謎の少女・コヨミに秘められた過去、そして二人を待ち受ける過酷な運命。人々に希望をもたらす、指輪の魔法使いの物語が幕を開ける。 

平成仮面ライダーシリーズ第14作。前作のフォーゼが宇宙や機械などのSFがメインだったのに対し、ウィザードは魔法がメインのファンタジーがメインになります。指輪をはめているためか、敵と戦う時は基本的にパンチはせずに武器とキックを使用。さらにアクションシーンにも拘っており、スーツアクターさんの本気が分かりますよ。

一方でシリアス要素はW・オーズ・フォーゼと比べると増えました。今作の怪人はファントムと言い、目的が「人間を絶望させて新たなファントムを生み出す」ため、やる事なす事が割とえげつない。こういった作品にありがちな「実は人の心を持っている」「主人公側に味方につく」というパターンもありません。

本編は51話で終わり、残りの2話は特別編としてこれまでの仮面ライダー(クウガからフォーゼまで)が登場します。次回作の鎧武も登場しますが、インパクトとしてはディケイドこと門矢士の方が強いかな。さすがは世界の破壊者。この後も映画やジオウなどに出演していたし、彼の旅はまだまだ続いていくんでしょうね。