CODE-CFB

不定期更新

STAND BY ME ドラえもん 視聴

2014年8月に公開された、STAND BY ME ドラえもんを視聴。キャッチコピーは特になし。アニメーション制作は白組、ROBOT、シンエイ動画

f:id:Rgscedp19872:20201120214355p:plain

ストーリー(公式サイトより)

何をやらせても冴えない少年のび太の前に現れたのは、22世紀から来たのび太の孫の孫セワシと、ネコ型ロボット・ドラえもんだった。

そこで聞かされたのは、のび太とその子孫たちの未来。のび太は会社に就職出来ず、自分で会社を作るも倒産。莫大な借金を残し、子孫達を困らせているという。

そんなのび太の未来を変えるため、お世話係として連れて来られたドラえもんだったが、乗り気ではない。そこでセワシドラえもんに<成し遂げプログラム>をセットして、のび太を幸せにしない限り、22世紀に帰れなくなってしまう。

嫌々ながらも、のび太と暮らすことになったドラえもんだったが、次第に仲良くなる二人。そして、のび太の幸せのため、クラスメイトのしずかちゃんとの結婚を目指すことになる。

果たして、のび太は幸せな未来を手に入れることが出来るのか。そして、ドラえもんは22世紀に変えることが出来るのか――。

僕の記憶では、小さい頃に大山のぶ代版のドラえもんと現在の水田わさび版を見ていました。現在は毎週やっているアニメや毎年恒例の映画も見に行ってませんが、登場人物やひみつ道具など、基本的なことは覚えています。一番欲しいひみつ道具は今も変わっていなくて、もしもボックス。ありとあらゆる可能性の世界に行けるからね。

そんなドラえもんが3Dになって登場しました。基本的には、初期のエピソードとのび太がしずかと結婚するために重要なエピソードを組み合わせた感じ。大まかな流れはだいたい同じだと思うけど、何だろうな? こんなんじゃなかったような気がする。オリジナルを見たのが結構前なので曖昧ではあるが。

そのせいか、ドラ泣きと謳われていたのに全く感動しませんでした。途中ダイジェストなところがあったから、もう少し尺があればな。キャラクターの見た目も影響しているのかもしれない…普段の作画から3Dに変わるだけで、こんなにも違和感が出るものなのか。