CODE-CFB

不定期更新

ガンダムビルドダイバーズRe:RISE 2nd Season 視聴

2020年春アニメの1つである、ガンダムビルドダイバーズRe:RISE 2nd Seasonを視聴。1クール、全13話。ジャンルはSF、ホビー、ロボット。キャッチコピーは特になし。話数カウントは「ep○○」。サブタイトルの法則は特になし。アニメーション制作はSUNRISE BEYOND。

f:id:Rgscedp19872:20200904105802p:plain

ストーリー(公式サイトより)

激戦の果てに静止衛星から放たれたひとすじの光は、ヒロト達が戦い続けてきた「惑星エルドラ」がネットワークゲームガンプラバトル・ネクサスオンライン(GBN)」の世界ではなく、現実(リアル)の世界である可能性を突き付けるものであった。その状況に一度は足を止めてしまうビルドダイバーズ。

しかし、共にヒトツメと戦ってきたフレディ達エルドラの民との絆が、ヒロト、カザミ、メイ、パルヴィーズを再び結集させる。未だエルドラに意識を囚われたままのダイバー、シドー・マサキの行方。そしてヒトツメを率いる謎の存在、アルスの正体。なによりも、かけがえのない仲間であるフレディ達を救うため……そう、エルドラにはクリアするべき“ミッション”がまだ残されている。新たにビルドした力(ガンプラ)を手に、もうひとつのビルドダイバーズの真の戦いは、ここから始まる。

僕は半年前、1st Seasonの感想記事に「前作を見ていなくても問題ない」と書きました。しかし2nd Seasonから本格的に前作である無印――ビルドダイバーズの裏で起こっていた出来事が明かされるため、先にそちらを視聴しておくことをオススメします。前作のキャラクターも多数出てきて活躍しますよ!

この作品のテーマはタイトルの通り「リライズ」。意訳すると再び立ち上がる、再生するといったところか。ヒロトたちのフォース、BUILD DiVERSやエルドラの住民たちが挫折しながらも協力し合い、立ちふさがる壁に挑戦していきます。

1st Seasonを見ている時に、ヒロトはいつもやる気がなさそうな暗い主人公なんだと思ったけど、あんな過去があればそりゃそうなるわと納得。そこからは一気に勢いも増して、最後まで1秒たりとも見逃せない熱い展開でした。終盤ではTwitterもトレンド入りするくらいの人気だったからな。