CODE-CFB

不定期更新

機動戦士ガンダムⅡ 哀・戦士編 視聴

1981年7月に公開された、機動戦士ガンダム哀・戦士編を視聴。キャッチコピーは特になし。アニメーション制作は日本サンライズ(現:サンライズ)。

f:id:Rgscedp19872:20200814143032p:plain

ストーリー(公式サイトより)

地球連邦軍が大反撃を期して立案したオデッサ作戦——ホワイトベースはそれに参加すべく、中央アジアを移動中であった。だが、そこはジオン軍マ・クベ大佐の管轄する鉱山地域であり、しかもランバ・ラル隊が執拗なる追撃をかけていた。

セイラ・マスは情報を得るためにガンダムで無断出撃。試みは失敗するが、捕虜にしたコズンの話からシャアが兄だと確信する。コズンの脱走事件と平行して、今度はアムロ・レイが独断で作戦変更したため、ブライト・ノアアムロガンダムから降ろそうと決意する。

第2作目はテレビ版の第16話~第31話前半を再編集したもの。テレビ版の話になりますけど、ファーストガンダムって全43話なんですよね。何でこんな中途半端な話数になったかというと、放送当時の視聴率が悪くて短縮せざるを得なかったから。しかし口コミやファンの行動、再放送によって人気が高まり、その結果続編の製作が決定。40年経ってもガンダムシリーズが続いているのは、このおかげですね。

第1作目の時もそうだったんですけど、この作品にコメディー要素は皆無です。いつ誰が死ぬか分からない、やっと休憩できてもすぐに敵が襲ってくる。戦いが終わってもすぐに戦い。もちろん敵だけじゃなくて味方も死にます。

また、アムロは敵と戦っていく中で驚異的に成長していくことに。最初にガンダムを操縦する時こそぎこちなかったものの、その後は多くの敵モビルスーツを撃破。苦戦や敗北するシーンってあったかな? って思うくらい、見事な戦績を挙げています。