C:F Blog

日常生活で起こったこと・思ったことを書いています

RELEASE THE SPYCE 視聴

2018年秋アニメの1つである、RELEASE THE SPYCEを視聴。1クール、全12話。ジャンルはスパイ、アクション。キャッチコピーは特になし。話数カウントは「EPISODE:○○」。サブタイトルの法則は特になし。アニメーション制作はLay-duce

f:id:Rgscedp19872:20200723235158p:plain

ストーリー(公式サイトより)

源モモは空崎市に住む女子高生。平凡な日々を過ごしていた彼女はとある事から私設情報機関「ツキカゲ」にスカウトされる。

ツキカゲはどこの国にも属さず平和を影から守る正義のスパイ組織だった。若い女性にしか効かないが能力を上昇させる特製スパイスをはじめ
数々の秘密道具、鍛え上げた心身を武器に彼女達は戦う。

素人だったモモの面倒を見るのは高校の先輩でもある半蔵門雪。ツキカゲは師弟制度があり先輩が後輩を鍛えて技術を継承していくのだ。

今、大都市である空崎には犯罪組織「モウリョウ」がその魔手を伸ばしていた。モモは自分を取り巻く家族や友人、商店街の人達を守るため、仲間たちと力をあわせて悪を討つ。

タイトルのSPYCEは造語であり、スパイの英語スペルである「SPY」と、香辛料の英語スペルである「SPICE」 を合わせたものと思われます。

その名の通り、ツキカゲスパイ活動を行うにあたって「スパイス」と呼ばれる麻薬…ではなく、身体能力を向上させるアイテムが登場。生身のままでも十分に強いんですけどね、彼女たちは。しかしそんな露出多めな恰好をしてて大丈夫か? ちょっと動いたらパンツ丸見えだぞ。劇中の季節は春~夏だったけど、冬でその恰好は厳しいよね。冬用の着物があることを信じましょう。

ストーリーもスパイものにしてはイマイチであり、舞台や設定を上手く活用できていませんでした。1話からモモが仲良くしている人たちの描写があって、その人たちがもしかして…? っていう内容も予想してたけど、本当に普通の人だったし。過去に死んだ人間が実は生きていて、敵側で活動していて…うーん、これもありきたりか。どうすれば面白くなれたのかな。