C:F Blog

日常生活で起こったこと・思ったことを書いています

社長、バトルの時間です! 視聴

2020年春アニメの1つである、社長、バトルの時間です!を視聴。1クール、全12話。ジャンルはファンタジー。キャッチコピーは「今度の「異世界」は一味違う職場(ダンジョン)です。」。話数カウントは「第○○話」。サブタイトルの法則は特にありませんが、四字熟語の割合が高め。アニメーション制作はC2C。

f:id:Rgscedp19872:20200708115745p:plain

ストーリー(公式サイトより)

世界の中心、ゲートピア…。かつて世界は果てしない荒廃が続くばかりの魔境だった。そこへ天から女神が舞い降り、天空に巨大な「門」が出現。人々は「門」の中に世界を維持する奇跡のエネルギー、キラクリが存在することに気づく。

月日は流れ、ゲートピアは都市として発展。「門」のダンジョンの中で専門的にキラクリを採取するトレジャーハンターが登場。世界を維持する奇跡のエネルギーは、キラクリハンターの手にゆだねられている。

主人公・ミナトはある日突然、幼馴染のユトリアに呼び出される。淡い期待を持って向かったその場所で、ミナトはユトリアに告げられる――

「わたし、あなたのこと…社長に向いていると思ってたの!」

こうして先代の跡を継ぎ、ミナトの冒険社長ライフが始まったのだった。

基本的にダンジョンに潜ってバトルをしてキラクリを集めることしかやってません。1つ終わったら、はい次のダンジョンでバトル。それが終わったらはいまた次のダンジョンでバトル。それがこの会社を継続するために必要なことなんだろうけど、話の盛り上げには繋がりません。本当に最初から最後まで一本道なんだよね。

キャラクターデザインは良い感じなんですよ(明らかに既視感のある人物もいるけど)。例えば…刺客が送られてくるとか、ダンジョンに予想もしない仕掛けが施されているとか、会社であるあるなピンチになってそれを社員で解決とか。そういうのを取り入れてほしかったですね。

後、ライバル会社の社員には超ウザい奴がいます。周りから見れば明らかに「お前が悪いだろ」と思うけど、当の本人は何のことだと気付いていない厄介なタイプ。よくそんな性格で今までクビにならなかったな。