C:F Blog

日常生活で起こったこと・思ったことを書いています

白猫プロジェクト ZERO CHRONICLE 視聴

2020年春アニメの1つである、白猫プロジェクト ZERO CHRONICLEを視聴。1クール、全12話。ジャンルはファンタジー。キャッチコピーは「きっと守ります。あなたとの約束を――」。話数カウントは「第○○話」。サブタイトルの法則は特になし。アニメーション制作はproject No.9

f:id:Rgscedp19872:20200707223916p:plain

ストーリー(公式サイトより)

ずっとずっと昔の時代、天空には白の王国が、地上には黒の王国があり、〈均衡〉を保ちつつ〈循環〉していた。

ある時、黒の王国で魔獣に襲われ壊滅した村で、少年が墓を掘っていた。その少年の元へ、先代の闇の王候補者スキアーズが現れる。スキアーズに見出された少年は、闇の王子となってこの世界を変える事を決意する。

一方、白の王国の守護神である光の王 アイリスは、光と闇の均衡が破られる事を懸念していた。

そこへ均衡を乱す存在バール出現の知らせが入る。黒の王国の闇の王は、目障りなバールを討つために盟約を申し入れる。

光の王 アイリスは、黒の王国からの使者闇の王子と出会い、共に平和な世界をもたらそうと〈約束〉する。

だがふたりの〈約束〉は、闇の王によって踏みにじられる事となる。

ふたりが交わした〈約束〉と、世界を滅ぼした始まりの罪。〈根源〉(ゼロ)へと至る物語が幕を開ける―――  

原作はアプリですが「ZERO CHRONICLE」というタイトルがついています。これは原作よりも前のお話、エピソードゼロのような立ち位置にあるらしい。

で、肝心のストーリーなんですが。全体的に「えーっと? それで何だったんけこれって?」という感想しか生まれませんでした。最初から訳の分からないことが起こりまくりで、完全に脳内がパンク状態。そもそも、なぜか見てるだけで眠くなってくるという不思議なことが何度もあったんですよね。これまで数多のアニメを見てきましたが、眠気が出てくるのは初めてです。それだけクソだったということだ。

なのでキャラクターの名前すらろくに覚えてないんですが、唯一記憶に残っていることがあります。それは中盤あたりの山菜採り。ええ、丸々1話本当にそれだけをしたのでよく覚えてますよ。こういった日常的なことをやり続けた方がまだ良かったのにね。