CODE-CFB

現在更新停止中

プランダラ 視聴

2020年冬アニメの1つである、プランダラを視聴。2クール、全24話。ジャンルはバトルアクション、ファンタジー、ラブコメ。キャッチコピーは「すべてを奪え。《数字》も、《世界》も―――。」。話数カウントは「第○○話」。サブタイトルの法則は「登場人物の台詞」であること。アニメーション制作はギークトイズ。

f:id:Rgscedp19872:20200626132500p:plain

ストーリー(公式サイトより)

「廃棄戦争」と呼ばれた未曾有の大戦後の世界、アルシア。そこは、強者が弱者から自らの存在を示す「数字」を奪い取る、弱肉強食の世界。

そんな世界で、2人は出逢う。仮面で素性を隠しながらも、エッチなことが大好きで、弱き者たちのために太刀を振るう青年・リヒトー。母の遺言を頼りに「伝説の撃墜王」を探して旅をする、健気でひたむきな少女・陽菜。

2人の出逢いをきっかけに、「数字」がすべてを支配する世界の謎が、少しずつ明らかになっていく―――

登場人物は皆身体のどこかに数字が刻まれています。それは今まで「何かをした、もしくは行った回数」であり、これが0になると地面から無数の手が伸びてきて地獄に送られることに。勝負で数字を賭け、勝者が敗者の数字を奪い取ることも可能です。

カウントはだいたい数百くらいが普通なのかな? と思ったら序盤から5000とか10000とかが出てきました。100000越えの敵も出てきます。ここまで来ると今後はフリーザの戦闘力くらい…いやもっと上の数字も出てきそう。

2クールなのでそれなりに話は進展しましたが、如何せん作画がヤバすぎた。もちろん悪い意味で。普段の作画も結構崩れてたけど、人物がギャグみたいに簡略化して描いているシーンも多かったです。たまにあるお色気シーンも全然興奮しなかったよ。本編のみならず、オープニングやエンディングでも崩れてるのは何があったとしか言いようがない。外国のスタジオに丸投げしてたのかな。