C:F Blog

日常生活で起こったこと・思ったことを書いています

キングダム 視聴

2019年4月に公開された、キングダムを視聴。キャッチコピーは「すべて、奪還する。」「すべてを賭ける夢はあるか」。

f:id:Rgscedp19872:20200602185054p:plain

ストーリー(公式サイトより)

紀元前245年、春秋戦国時代、中華・西方の国「秦」。

戦災孤児の少年・信と漂は、いつか天下の大将軍になることを夢見て日々剣術の鍛錬を積んでいた。ある日、漂は王都の大臣である昌文君によって召し上げられ王宮へ。信と漂の二人は別の道を歩むことになる……。

王宮では王の弟・成蟜によるクーデターが勃発。戦いの最中、漂は致命傷を負うが、何とか信のいる納屋にたどり着く。

「お前に頼みたいことがある」

血まみれの手に握られていたのは、ある丘に建つ小屋を示す地図だった。

「今すぐそこに行け!お前が羽ばたけば、俺もそこにいる……。信!俺を天下に連れて行ってくれ……」

力尽きる漂。泣き叫ぶ信。漂が手にしていた剣とその地図を握りしめ、信は走り出した。

走る先に何があるのかもわからず一心不乱に走る信。たどり着いた先で、信の目に飛び込んできたのは、なんと冷静にたたずむ漂の姿だった!?死んだはずの漂がなぜ?

 「お前が信か」

そこに居たのは、玉座を奪われ、王都を追われた若き王・嬴政だった。その嬴政に瓜二つの漂は、彼の身代わりとして命を落としたのだった。激高する信だったが、国を背負う嬴政の強さと漂の遺志を受け止め、嬴政と共に行動することを決意。二人は王宮を奪還するため立ち上がる。しかし、それは嬴政にとって、路の第一歩に過ぎなかった。

中華統一。戦乱の世に終わりをもたらす、未だかつて誰もが成し遂げていない、とてつもなく大きな夢を嬴政は心に宿していた。

信は天下の大将軍を、嬴政は中華統一を。その夢は途方もない修羅の道。

若き二人の戦いの火蓋が切られた―――

原作は50巻以上続くロングセラーの漫画。戦国時代や天下統一といえば500年ほど前に日本で起こったことを思い浮かべますが、これはさらにその前、2200年前の中国で起こった出来事になります。そんな昔から国同士の争いがあったのか。いや、実際に記載されていないだけでもっと前からそういったいざこざはあったのかもしれない。だって人間だもの。

あらすじに出てくる成蟜は「せいきょう」、嬴政は「えいせい」と読みます。前者はまだしも、後者は絶対読めないよねこれ。原作のWikipediaを見てみたら、ほとんどの人物が振り仮名なしだと読めませんでした。読み方も独特なのは、中国ならではですね。

漫画原作の実写化は基本的には爆死――つまり面白くない場合が多いんですよね。しかしこれは1年に渡る脚本会議、さらに原作者も参加して「納得」と言わせるほどの出来だったとのこと。その名の通り、原作未読の僕でも分かりやすい内容でした。結構派手なアクションもあったけど、カッコよくこなしてたね。