CODE-CFB

不定期更新

名探偵ピカチュウ 視聴

2019年5月に公開された、名探偵ピカチュウを視聴。キャッチコピーは「見た目はカワイイけど…中身は"おっさん"!?」。

f:id:Rgscedp19872:20200523141745p:plain

ストーリー(公式サイトより)

かつてポケモンのことが大好きな少年だったティム(ジャスティス・スミス)は、ポケモンに関わる事件の捜査へ向かったきり、家に戻らなかった父親・ハリーとポケモンを、遠ざけるようになってしまった。

それから年月が経ち、大人になったティムのもとにある日、ハリーと同僚だったというヨシダ警部補(渡辺謙)から電話がかかってくる。「お父さんが事故で亡くなった―」。複雑な思いを胸に残したまま、ティムは人間とポケモンが共存する街・ライムシティへと向かう。

荷物を整理するため、ハリーの部屋へと向かったティムが出会ったのは、自分にしか聞こえない人間の言葉を話す、名探偵ピカチュウ(ライアン・レイノルズ)だった。かつてハリーの相棒だったという名探偵ピカチュウは、事故の衝撃で記憶を失っていたが、一つだけ確信をもっていることがあった……。

「ハリーはまだ生きている」。ハリーは何故、姿を消したのか?ライムシティで起こる事件の謎とは?ふたりの新コンビが今、大事件に立ち向かう! 

ピカチュウといえば、アニメでもゲームでも大谷育江さんの「ピッカチュウ!」で可愛らしい声が世界共通となっていますが、この作品は帽子を被っていて、おっさんのような渋い声で喋ります。もっともこの声はティムにしか聞こえず、他人からすれば大谷さんの声ですが。

劇中では多くのポケモンが出てきますが、3DやCG…なのかこれは? 肌の表現といい、毛並みといい凄くリアルに表現できているんですよね。本当にポケモンが現実世界に存在しているかのようでした。どうやって撮影したんだろう。

後、本家ポケモンのアニメでレギュラー出演している声優さんたちが本作にも出ていたのは、ちょっとニヤッとしましたね。特にロケット団の例の2人と1匹は全員出ています。エンディングも普通のスタッフロールではなく、ポケモン風の背景とクレジット演出でした。ファンにとってはたまらない作品でしょうな。