C:F Blog

日常生活で起こったこと・思ったことを書いています

異種族レビュアーズ 視聴

2020年冬アニメの1つである、異種族レビュアーズを視聴。1クール、全12話。ジャンルはコメディ、ファンタジー。キャッチコピーは「オキニの嬢は誰ですか?」。話数カウントは「第○○話」。サブタイトルの法則は「非常に長い文章」であること。アニメーション制作はパッショーネ

f:id:Rgscedp19872:20200520193353p:plain

ストーリー(公式サイトより)

ここは人間だけではなく、エルフ、獣人、悪魔に天使と、あらゆる異種族が混在し、暮らしている世界。そこには当然、あらゆる異種族のスケベなお店もあるわけで…。

足しげくムフフなサービスをしてくれるお店に通う人間の冒険者・スタンクは、ある日種族間の(性的な意味での)感性の違いで悪友のエロエルフ・ゼルと衝突する。決着の方法は……嬢のレビュー!?

あらゆる異種族娘のサービスをクロスレビュー方式で採点し、他の仲間達への“お役勃ち”情報として提供していくスタンクたちの活躍は、まさに性戦士のごとし!今日もレビュアーズたちは新たな快楽を求めて旅勃って行く……。

様々な種族とエッチなことをして、その種族はどんな感じだったか、点数をつけてレビューしていくというとんでもない(いい意味で)作品です。深夜時間帯での放送にもかかわらず、エロに厳しい現在のアニメ業界では規制がかかりまくり。TOKYO MXサンテレビでは途中で放送中止になりましたが、BS11は無事最後まで放送できました。

本当に色んな種族が出てきます。定番のエルフ、サキュバス、フェアリーはもちろんのこと、ミノタウロスや単眼娘、サラマンダーなんていうものも。女体化して逆の事を体験してみるなんてエピソードもあります。まさにこういうのは夢だよなあ! 規制がなければもっと楽しめたのにな。

この異種族レビュアーズという作品に点数を付けるとするなら…規制があったので5点とします。規制がなかったら10点満点でした。ダビングもして、消した後も何回も見ていたかもしれません。部分規制どころか「音声のみでお楽しみください」というシーンもあったからな。深夜なんだから別にいいじゃねえかよ。