C:F Blog

日常生活で起こったこと・思ったことを書いています

ノラガミ ARAGOTO 視聴

2015年秋アニメの1つである、ノラガミ ARAGOTOを視聴。1クール、全13話。ジャンルはファンタジー、バトル。キャッチコピーは特になし。話数カウントは「第○○話」。サブタイトルの法則は特になし。アニメーション制作はボンズ

f:id:Rgscedp19872:20200509180307p:plain

ストーリー(公式サイトより)

黒いジャージにスカーフ姿の“夜ト”は、祀られる社の一つもない貧乏でマイナーな神様。自分の社を築くべく、賽銭<5円>で人助けをする、自称”デリバリーゴッド”である。

交通事故に遭いそうになった夜トを助けようとしたことがきっかけで、”半妖(魂が抜けやすい体質)”となった良家の令嬢・壱岐ひより、さらに、夜トに拾われ、神様が使う道具“神器”となった少年“雪音”と共に、人間に害を与える”妖”と戦いを繰り広げながらも、その三人の絆は深まっていた。

一方で、七福神の一柱(ひとり)で最強武神である“毘沙門”から命を執拗に狙われ続けている夜ト。ふたりの間に秘められた過去、そして、因縁の対決の行方は… 

1期の時点から、夜トは毘沙門天に執拗に狙われていました。彼女の過去は詳しくは描写されていませんでしたが、2期でその詳細が明らかに。悪い奴に利用されたこともあって、夜トと戦うことになります。神器の中にも神のことが気に食わない奴がいるんですね。

後半では恵比寿という新たな神が登場します。毘沙門天と同じく七福神の一人である彼は、あるアイテムを取りに行くために黄泉へと向かいました。成り行きで夜トと一緒に行動することになりましたが、そこにいたのは…。

1期より1話多い全13話でしたが、シリーズごとに話数が変わるのはアニメではよくあることです。最後のパートでは新たな敵や妖が出てくる、という気になる終わり方でした。しかし本放送から5年近く経った今でも3期の放送予定はなし。これもアニメではよくある「続きは原作で」のパターンですね。