C:F Blog

日常生活で起こったこと・思ったことを書いています

ネコぱら 視聴

2020年冬アニメの1つである、ネコぱらを視聴。1クール、全12話。ジャンルは恋愛。キャッチコピーは「いにゃっしゃいませ。ラ・ソレイユへようこそ!」。話数カウントは「第○○話」。サブタイトルの法則は特になし。アニメーション制作はFelixFilm。

f:id:Rgscedp19872:20200406222543p:plain

ストーリー(公式サイトより)

水無月嘉祥は伝統ある老舗和菓子屋である実家を出て、パティシエとして自身のケーキ屋『ラ・ソレイユ』の開店準備を進めていた。

そこに送られてきた荷物の中に、実家で飼っていた人型ネコのショコラとバニラが紛れ込んでいた。追い返そうとするも二匹の必死の嘆願に嘉祥が折れ、いっしょにソレイユをオープンする。

妹の時雨やショコラとバニラのお姉さんネコであるアズキ、メイプル、シナモン、ココナツといった実家ネコたちもお店に手伝いにきてくれ、楽しくもにぎやかな生活を送っていた。

ある日、ショコラはおつかいの途中で見知らぬ仔ネコに出会う…。

どこか気になる仔ネコとの出会いから始まるハートフルネコストーリーがここに開幕!

この世界のネコはどうも人間っぽい見た目になれるらしい。ただし猫耳と尻尾はあるのに加えて、中身はかなりネコっぽいんですよね。口調がネコっぽくなったりとか、ネコじゃらしに反応するところとか、濡れることを嫌ったりとか。単位も「○○人」ではなく「○○匹」となります。つまり人の形をしたネコというわけだ。最高に可愛くないですか?

このネコたちはラ・ソレイユというケーキ屋で働いていますが、ジャンルはお仕事系ではなく日常系なんですよね。なのでその場所で何か問題が起こるというよりは、可愛いネコたちによる可愛い日々がメインとなります。ストーリーとしては何の進展もなく、最後までとにかく可愛いで終了。

分かったのは主人公の妹がかなりのブラコンなのと、「潤っちゃう~」とか言ってはあはあしてたネコがいたくらいか。年中発情期なのかな。