CODE-CFB

不定期更新

警視庁 特務部 特殊凶悪犯対策室第七課 -トクナナ- 視聴

2019年秋アニメの1つである、警視庁 特務部 特殊凶悪犯対策室第七課 -トクナナ-を視聴。1クール、全12話。ジャンルはアクション。キャッチコピーは「違う世界、違う東京の七人の警官(はぐれもの)」。話数カウントは「File.○○」。サブタイトルの法則は「漢数字(最終話のみカタカナ)が入る」こと。アニメーション制作はアニマ&カンパニー。

f:id:Rgscedp19872:20200204175124p:plain

ストーリー(公式サイトより)

ただ真っ直ぐに、憧れたものを追い続けて――――

はるか昔。この世界には、エルフ・ドワーフ・吸血鬼・ホムンクルス・人間など、数多の種族が存在していた。

争いの絶えないヒエラルキーの頂点は『ドラゴン』。しかし長い時を経て『ドラゴン』は消え、残った種族たちも共存を選び、時代を重ねるごとに僅かな外見的特徴を残して皆ほぼ人間と変わらない姿となった。

2×19年、東京。平穏になったと思われた現代。それでも犯罪がなくなったわけではない。かつて存在した『ドラゴン』に心酔し、その力を欲するあまり凶行に走る組織――『ナイン』。

彼らは凶悪事件を引き起こし、現在の世界をつくり変えようと画策していた。『ナイン』に対抗するため、各分野のエキスパートを集めた対策室が警視庁で組成される。

その名は『警視庁 特務部 特殊凶悪犯対策室 第七課――通称トクナナ』。

個人の能力はずば抜けて高いものの、「はぐれ者集団」「ごくつぶし集団」とも噂されていた。

そんなトクナナに、新たに所属することになった ルーキー・七月清司。

個性溢れるメンバー達に翻弄されながら、持ち前の明るさと真っ直ぐさでナイン事件の解決に挑んでいく。次々と起こる難事件の中で、彼は自分の信じる正義を見つけられるのか――。

サブタイトルの法則に数字が入っているように、登場人物にも数字が入ります。だからといって特に意味はなく、たまたまそういった人たちがトクナナに集まった模様。メンバー内にはエルフ、吸血鬼、ホムンクルスドワーフがいて、普通の人間の方が少ないという。主人公も化け物みたいな力を持ってて、普通の人間じゃなかったんだけどね。

刑事ものといえばリアルなドラマや推理が見ものですが、このアニメはファンタジー要素もあったんですよ。魔法を使ったり、ドラゴンが出てきたりとかね。まあ人外がたくさん暮らしてる世界じゃそうなるか。

アクションも何だかショボいと思ったら、作画や作画監督が海外の人に任せっきりの回がいくつかあって納得。数人ならまだいいんだけど、全員そういう人だったらクオリティが低くなりやすいですよね。