CODE-CFB

不定期更新

ソードアート・オンラインⅡ 視聴

2014年夏アニメの1つである、ソードアート・オンラインⅡを視聴。2クール、全24話。ジャンルはVRMMORPG、サイバーパンク、バトル、ファンタジー。キャッチコピーは「仲間と共に目指すは、伝説の《聖剣エクスキャリバー》(キャリバー編)」、「《絶剣》――その技は、力強くも、儚く、美しい(マザーズ・ロザリオ編)」。話数カウントは「#○○」。サブタイトルの法則は特になし。アニメーション制作はA-1 Pictures

f:id:Rgscedp19872:20191228191741p:plain

ストーリー(公式サイトより)

《SAO》事件から一年が経ったある日、キリトは、総務省《仮想課》の菊岡誠二郎から奇妙な依頼を受ける。それは、銃と鋼鉄のVRMMO《ガンゲイル・オンライン(GGO)》で突如発生した怪現象《死銃(デス・ガン)》事件の捜査であった。

漆黒の銃を持つ謎のアバターに撃たれたプレイヤーは、実際に現実世界でも《死》に至る……。その不気味な事件の捜査を断りきれなかったキリトは、《仮想世界》が《現実世界》へ物理的に影響を及ぼすことに疑いを抱きつつも、《GGO》へとログインする。

《死銃》の手がかりを掴むべく、不慣れなゲーム内を彷徨うキリト。そんな彼に救いの手を差し伸べたのは、長大なライフル《ヘカートⅡ》を愛用するスナイパーの少女・シノンだった。

彼女の力を借りたキリトは、自らがターゲットとなって《死銃》との接触を試みるべく、全ガンナーの頂点たる対人トーナメント《バレット・オブ・バレッツ》に挑む……。 

2期は3部構成となっており、前半が銃の世界を舞台とした「ファントム・バレット編」、後半が聖剣を取りに行く「キャリバー編」と凄い剣術を持ったヒロインが出てくる「マザーズ・ロザリオ編」となっています。上述のストーリーはファントム・バレット編のもの。何故かキャッチコピーが見つかりませんでした。

去年の春に見たソードアート・オンライン オルタナティブ ガンゲイル・オンラインでは銃撃戦をやっていましたが、ここが舞台だったんですね。時系列としてはファントム・バレット編の方が先です。

ちなみにキリトはなぜか女の子のアバターになって、バレット・オブ・バレッツで主に剣を利用して戦っていましたが。アレは見た目と言い効果音といい、完全にライトセーバーですね。