CFXD2635

現在更新停止中

PSYCHO-PASS サイコパス Sinners of the System Case.3 恩讐の彼方に__ 視聴

2019年3月に公開された、PSYCHO-PASS サイコパス Sinners of the System Case.3 恩讐の彼方に__を視聴。キャッチコピーは「正義は、歪んだ世界を照らす」。アニメーション制作はProduction I.G

f:id:Rgscedp19872:20191109130256p:plain

ストーリー(公式サイトより)

2116年に起きた東南アジア連合・SEAUnでの事件後、狡噛慎也は放浪の旅を続けていた。

南アジアの小国で、狡噛は武装ゲリラに襲われている難民を乗せたバスを救う。その中には、テンジンと名乗るひとりの少女がいた。

かたき討ちのために戦い方を学びたいと狡噛に懇願するテンジン。出口のない世界の縁辺で、復讐を望む少女と復讐を終えた男が見届ける、この世界の様相とは…。

Case.3では、狡嚙慎也が主役の物語。時系列はCase.1より後の2117年11月。これまでは公安局のメンバーが何かしらの形で出てきましたが、このCase.3では一切登場しません。その代わり、Case.2で監視官補佐として出てきた花城フレデリカが登場します。

3期の2話で宜野座や須郷たちとともに外務省に所属していることが分かった狡嚙ですが、この時はCase.3を見る前だったために、「何で狡嚙さんが日本に帰ってきてるんだ?」と疑問を抱いていました。この話を見て納得しましたよ。こういう経緯があったからなのか。

なお、今回も劇場版1作目と同じく槙島(の亡霊のようなもの)と対話するシーンがあります。しかも1回だけじゃなく2回も。