CODE-CFB

不定期更新

終わりのセラフ 視聴

2015年春アニメの1つである、終わりのセラフを視聴。1クール、全12話。ジャンルはダークファンタジー、学園。話数カウントは「第○○話」。サブタイトルの法則は「文章の後半がカタカナになる」こと。アニメーション制作はWIT STUDIO

f:id:Rgscedp19872:20190915175342p:plain

ストーリー(公式サイトより)

ある日突然、未知のウイルスにより世界は滅びた。生き残ったのは子供だけ。そして、その子供たちは地の底より現れた、吸血鬼たちに支配された。

百夜優一郎は、家族同然の絆を持つ百夜ミカエラら孤児たちと、吸血鬼に血を捧げることで生きていた。家畜同然の扱いに耐えかねた優一郎は、ミカエラや幼い孤児たちと共に、外の世界へと脱出を図るが……。

時は4年後。百夜優一郎は日本帝鬼軍の吸血鬼殲滅部隊「月鬼ノ組」に入隊。恐るべき吸血鬼たちとの戦いに、その身を投じていく…!!

人間と吸血鬼の戦いを描いたアニメ。幼い頃に吸血鬼に家族(孤児の集まりのため、正確には本当の家族ではない)を殺された百夜優一郎が、復讐として吸血鬼を殺す部隊に入り、敵を倒しまくっていきます。

アニメーション制作もスタッフも「進撃の巨人」を作ったところなんですが……本当に同じところかこれ? そんなに迫力を感じなかったぞ。作画もそうだけど、背景も手抜きなところが見られました。あらすじや設定は面白そうだったのにもったいない。

終わり方も適当だったので調べたところ、分割2クールで後半は「名古屋決戦編」のタイトルが付けられているとのこと。また視聴し終わったら記事に書きます。あまり期待はしてませんが。