CODE-CFB

不定期更新

僕のヒーローアカデミア 視聴

2016年春アニメの1つである、僕のヒーローアカデミアを視聴。1クール、全13話。ジャンルは学園、ヒーロー、アクション。キャッチコピーは「君はヒーローになれる。」「最高のヒーローに!」。話数カウントは「第○○話」。サブタイトルの法則は特になし。アニメーション制作はボンズ

今回から話数カウントとサブタイトルの法則があれば、それも書いていきます。

f:id:Rgscedp19872:20190426000509p:plain

ストーリー(dTVより)

「架空(ゆめ)」は、現実に! これは、僕が最高のヒーローになるまでの物語だ。

ことの始まりは中国・軽慶市から発信された、「発光する赤児」が生まれたというニュース。以後各地で「超常」が発見され、原因も判然としないまま時は流れる。

世界総人口の八割が何らかの特異体質である超人社会となった現在。生まれ持った超常的な力”個性”を悪用する犯罪者・敵(ヴィラン)が増加の一途をたどる中、同じく”個性”を持つ者たちが”ヒーロー”として敵や災害に立ち向かい、人々を救(たす)ける社会が確立されていた。

かつて誰もが空想し憧れた”ヒーロー”。それが現実となった世界で、ひとりの少年・緑谷出久(みどりや・いずく/通称デク)もヒーローになることを目標に、名だたるヒーローを多く輩出する雄英高校への入学を目指していた。しかし、デクは総人口の二割にあたる、何の特異体質も持たない”無個性”な落ちこぼれだった…。

ある日、デクは自信が憧れてやまないヒーローと出会い、それを機に運命を大きく変えていくことになる。友、師匠、ライバル、そして敵…。さまざまな人物、多くの試練と向き合いながら、デクは最高のヒーローになるべく成長していく。

超能力のような力、通称「個性」を持つ人間の存在が当たり前になった世界。そんな超人だらけの世界で、主人公のデクこと緑谷出久は最初は何の個性も持たない人間でした。しかし、とある出来事からナンバーワンヒーローであるオールマイトが持つ個性、通称「ワン・フォー・オール」を受け継ぐことになります。

そしてヒーローを育成する高校、雄英高校に入学した彼はそこで様々な個性を持った人間と出会うことに。時にはライバルと競い合いながら、時には敵と戦いながら、最高のヒーローを目指す物語です。

ヒーローか。僕も小さい頃は仮面ライダーを見てました。内容はほとんど覚えてないけど。今年になってから仮面ライダーにハマっているのも、心のどこかに「こんな風になれたらな」っていう憧れを抱いているからなのかもしれない。

2期や3期も再放送するみたいなので…というか現在2期の再放送中なので、これらの感想も書いていく予定です。