C:F Blog

日常生活で起こったこと・思ったことを書いています

超人高校生たちは異世界でも余裕で生き抜くようです! 視聴

2019年秋アニメの1つである、超人高校生たちは異世界でも余裕で生き抜くようです!を視聴。1クール、全12話。ジャンルはファンタジー。キャッチコピーは「気楽にいこう この世界を壊してしまわないようにね」。話数カウントは「#○○」。サブタイトルの法則は「○○は××ようです!」であること。アニメーション制作はproject No.9

f:id:Rgscedp19872:20200111113717p:plain

ストーリー(公式サイトより)

飛行機事故に巻き込まれた七人の高校生。

彼らが目を覚ますとそこは魔法や獣人の存在する異世界だった。
突然の事態に彼らは混乱――することもなく(!?)
電気もない世界で発電所を作ったり、 ちょっと出稼ぎに出ただけで大都市の経済を牛耳ったり、 あげく悪政に苦しむ恩人たちのために悪徳貴族と戦争したり、やりたい放題!?

そう。彼らは誰一人普通の高校生ではなく、それぞれが政治や経済、科学や医療の頂点に立つ超人高校生だったのだ!

これは地球最高の叡智と技術を持つドリームチームによる、オーバーテクノロジーを自重しない異世界革命物語である!

異世界ものでよくある「一般人だけど、凄い力を貰って超人になった」ではなく、「最初から卓越した力を持った超人なので、その力を利用していく」ことになります。しかもそんな凄い超人たちが1人ではなく7人もいる。そりゃあ主人公サイドの革命がサクサク進むわけだわ。

紹介しておくと、オッドアイの主人公が『政治家』、赤い帽子を被った少女が『発明家』、マフラーを巻いている少女が『ジャーナリスト』、白衣の女性が『医師』、和服で刀を持った女性が『剣豪』、金髪の少年が『マジシャン』、黒髪の青年が『実業家』となります。マジシャンの少年は、もはやマジックというより超能力っぽかったけど。

もしもダンガンロンパシリーズで出てくるキャラクターが異世界に行ったら、同じような感じになるんだろうな、と予想してみる。発明家とかマジシャンとか出てたし。