C:F Blog

日常生活で起こったこと・思ったことを書いています

仮面ライダーキバ 視聴

2008年1月から2009年1月にかけて放送された、仮面ライダーキバを視聴。全48話。キャッチコピーは「覚醒(ウェイクアップ)! 運命(さだめ)の鎖を解き放て!!」「それはバイオリンをめぐる、父と子の物語…」。話数カウントは「第○○話」。サブタイトルの法則は「音楽に関連した言葉と音楽記号がつく」こと。

f:id:Rgscedp19872:20191103191934p:plain

ストーリー(仮面ライダー公式ポータルサイトより)

人間の持つライフエナジーを吸収する人類の天敵「ファンガイア」。バイオリン職人の紅渡は仮面ライダーキバへと変身し、悪のファンガイアとの戦いに身を投じていた。父・紅音也が遺した「ブラッディローズ」を超えるバイオリンを作ることを夢見ながら……。

そして遡ること22年前、天才バイオリニストである音也もまた、ファンガイアとの戦いを繰り広げていた。過去と現在、父と息子。二世代に渡る人間とファンガイアの運命の物語が動き始める。 

すっかり仮面ライダーにハマってしまった僕。Wの時は数日遅れて視聴することがありましたが、今回のキバとオーズから公開された日に見るようになりました。キバは毎週金曜日、オーズは毎週水曜日に配信されていたので、その日の夜は決まってこれらを視聴。もちろん現在放送中のゼロワンも日曜の朝に見ています。

平成仮面ライダー第9作目、仮面ライダーキバ。本作の特徴として、紅渡を主人公にした現在(2008年)と渡の父、紅音也を主人公にした過去(1986年)の話を並行して進めていく、というのがあります。完全に独立しているというわけでもなく、過去でこんなことがあったから現在ではこうなりましたよ~という経緯が示されるところもあります。

そして名護さんは最高です。最初は「何だこいつ…」とか思ってたけど、中盤以降は頼れるお兄さんみたいな存在になってました。人間、変わろうと思えばここまで変われるものなのか。