C:F Blog

日常生活で起こったこと・思ったことを書いています

ありふれた職業で世界最強 視聴

2019年夏アニメの1つである、ありふれた職業で世界最強を視聴。1クール、全13話。ジャンルはファンタジー。キャッチコピーは「――“最強”の系譜はここから始まる」。話数カウントは「Episode.○○」。サブタイトルの法則は特になし。アニメーション制作はアスリードWHITE FOX

f:id:Rgscedp19872:20191016113234p:plain

ストーリー(公式サイトより)

“いじめられっ子”の南雲ハジメは、クラスメイトと共に異世界へ召喚されてしまう。つぎつぎに戦闘向きのチート能力を発現するクラスメイトとは裏腹に、錬成師という地味な能力のハジメ異世界でも最弱の彼は、あるクラスメイトの悪意によって迷宮の奈落に突き落とされてしまい――!?

脱出方法が見つからない絶望の淵のなか、錬成師のまま最強へ至る道を見つけたハジメは、吸血鬼のユエと運命の出会いを果たす――。

「俺がユエを、ユエが俺を守る。それで最強だ。全部薙ぎ倒して世界を越えよう」

奈落の少年と最奥の吸血鬼による“最強”異世界ファンタジー、開幕!

――そして、少年は“最強”を超える。

1話を見た後、「何だこれは。まるで意味が分からんぞ!」という感想しか出てこなかったのよね。今まで色んなアニメを見てきましたが、こんなに意味不明な1話は初めてですよ。あの伝説のクソアニメと言われたけものフレンズ2でさえ、1話はまだマシだったのに。1話だけに限定するなら、間違いなくワーストと言えるでしょう。

主人公の南雲ハジメは序盤で左腕と右目を失い、怪物を食べたせいで頭がおかしくなったのか、常にイキってます。「俺の邪魔をする奴は全員殺す」みたいな感じでね。まあこんな主人公についていくヒロインもおかしいですが。後、急にクラスメイトが出てくる時があって「いや誰お前」ってなるわけですよ。それこそ1話を1時間放送にして、最初のシーンをしっかり描写するべきだったのでは?

そして最終話のエンドカードにて、2期の制作が発表されました。……2期じゃなくて、最初から作り直してほしいんですが。もちろん制作会社やスタッフを一新して。