C:F Blog

日常生活で起こったこと・思ったことを書いています

コップクラフト 視聴

2019年夏アニメの1つである、コップクラフトを視聴。1クール、全12話。ジャンルはミステリー、警察、ファンタジー。キャッチコピーは「二つの世界 二つの正義 その先に――バディポリスアクション開幕!」。話数カウントは「#○○」。サブタイトルの法則は「英文」であること。アニメーション制作はミルパンセ

f:id:Rgscedp19872:20191014124001p:plain

ストーリー(公式サイトより)

一五年前、太平洋上に未知の超空間ゲートが出現した。その向こうに存在したのは、妖精や魔物のすむ奇妙な異世界「レト・セマーニ」だった。
「サンテレサ市」。二〇〇万を越える両世界の移民が住む都市。雑多な民族と多彩な文化。そして持てる者と、持たざる者。ここは世界で最も新しい『夢の街』。
だがその混沌の影には、数々の犯罪がうごめいていた。麻薬、売春、武器密売。それら凶悪犯罪に立ち向かう刑事たちが、サンテレサ市警察に存在していた……。

刑事ケイ・マトバと異世界人の騎士ティラナ、性別も性格もそして「生まれた世界」も違う二人が出会うとき、事件は起きる。

現実世界の刑事ケイ・マトバと異世界の騎士ティラナ・エクセディリカ。この2人が協力して、サンテレサ市で起こる様々な事件を解決していく、バディものとなっています。ティラナって名前、どこかで聞いたことあるようなと思ったけど、あれはラティナでした。うちの娘のヒロインの。髪の色も似てるんだよなあ。

舞台は現実世界だけど、異世界のファンタジー要素も入ってます。しかし刑事ドラマという土台を崩さずに、時には推理、時にはアクションをしていたのは良かったですね。それだけに絵が残念だったのがもったいない。肝心なところで止め絵だったり、明らかに低予算に見える作画だったりとかね。

もし制作がボンズとかマッドハウスとかだったら、アクションはもっとカッコイイものになっていたでしょうね。