C:F Blog

日常生活で起こったこと・思ったことを書いています

消滅都市 視聴

2019年春アニメの1つである、消滅都市を視聴。1クール、全12話。ジャンルはSF、ジュブナイル。キャッチコピーは「記憶は、生き続ける。」。アニメーション制作はマッドハウス

f:id:Rgscedp19872:20190713153929p:plain

ストーリー(公式サイトより)

ある日、ひとつの都市が消滅した――

一匹狼の運び屋の男タクヤと、消滅から唯一生還したと言われる少女ユキ。ふたりは、消息を絶ったと思われていたユキの父親からのメッセージを頼りに消滅都市へと向かうことになる。

しかし、そんなふたりの前に思わぬ障害が立ちはだかる。それはユキにとって、あまりに衝撃的な現実で――

残された人の想い、暗躍する謎の組織、そして隠された陰謀。
タクヤとユキ、全くの他人だったふたりは、旅の中で絆を深めつつ、消滅都市の謎へと迫ってゆく。

 同名のスマホ用ゲームアプリが原作のアニメ。「ロスト」と呼ばれるひとつの都市が突如として消滅した現象から3年後、唯一の生き残りであるユキはスクーターを運転するタクヤと共に消滅都市へと向かいます。

設定も公式サイトのイントロダクションも面白そうだったんですが、いざ見てみると「何だこれは?」という感想しか出てこなかったぞ。特に最終回は酷く、

ユキの父「よくここまで来てくれた。お前はロストが起きなかった世界を選択することが出来るぞ」

ユキ「いや、私は選ばない。この世界で生きていく」

ユキの父「え」

というような感じで、苦労して行ったロストの意味がなくなってしまいました。ロストから脱出後にはタクヤに関する記憶も失ってしまいます。エンディングも合ってなかったなあ。

個人的にはFairy goneと並ぶくらい、よく分からないアニメでしたね。