C:F Blog

日常生活で起こったこと・思ったことを書いています

劇場版 機動戦士ガンダム00 -A wakening of the Trailblazer- 視聴

2010年9月に公開された、劇場版 機動戦士ガンダム00 -A wakening of the Trailblazer-を視聴。キャッチコピーは「最終決戦(来るべき対話)が始まる」「最終決戦(来るべき対話)の始まり。それは、人類の目覚め-」。 アニメーション制作はサンライズ

f:id:Rgscedp19872:20190213193844p:plain

ストーリー(公式サイトより)

24世紀初頭、突如として姿を現した私設武装組織「ソレスタルビーイング」。彼らはガンダムによる戦争根絶を掲げ武力介入を開始、一時は組織壊滅の危機を迎えながらも、争いの絶えなかった世界を急変させた。
地球連邦政府の成立。その後の独立治安維持部隊アロウズの専横による戦争状態を経て、武力に頼らない社会を選択するに至った人類だったが、西暦2314年、再び危機が訪れる。130年前に廃船となっていた生体反応の無い木星探査船が地球圏に接近してきた。それは、人類の存亡をかけた戦いの始まりを告げる船だった…
戦いの中、人類の水先案内人たる革新者(イノベイター)へと進化したソレスタルビーイングガンダムマイスター刹那・F・セイエイ。彼は、新たな危機の中で、自らの進化の本当の意味と直面する。果たして、イオリア計画の最終段階とは。そして、「来るべき対話」とは一体何なのか――

時系列はセカンドシーズンが終了してから2年後の2314年、かつ00の完結編。戦争の絶えなかった世界を見事に変革させた刹那達ですが、戦いはまだ終わっていませんでした。何と、今回は地球外生命体「ELS」と戦うことになります。

つまりソレスタルビーイング以外にも色んな組織が協力して戦うわけですが、このELSが強いのなんの。数が膨大だし、一番大きいものだと月くらいの大きさだし、コピー能力も使ってくるし。

いや、それ以上に作画が凄かったけどね! 戦闘シーンは迫力がありました。さすが劇場版クオリティ。