C:F Blog

日常生活で起こったこと・思ったことを書いています

重神機パンドーラ 視聴

2018年春アニメの1つである、重神機パンドーラを視聴。2クール、全26話。ジャンルはSF、ロボット。キャッチコピーは「契約の時、希望は彼ら(パンドーラ)に託された――」。アニメーション制作はサテライト。

f:id:Rgscedp19872:20180930014342j:plain

ストーリー(公式サイトより)

2031年、次世代エネルギーとして開発されていた量子リアクターの暴走事故「翔龍クライシス」により世界は激変した。
突如、地下から広がったその閃光は、都市ビル群を呑み込みながら大地を覆い尽くし、やがて生物、機械、植物を超越・融合した未知なる特異進化生物「B.R.A.I」が出現した。

7年後、翔龍は絶対防衛都市「ネオ翔龍」へと生まれ変わっていた。驚異的スピードで進化を遂げ人類を滅亡の危機に陥れたB.R.A.Iに対抗する、人類最後の希望の砦である。

運命に導かれネオ翔龍に集う、レオン、クロエ、クイニー、ダグ。彼らを防衛軍へと迎え入れる、セシル、ケイン、ジェイ、グレン。そして、人類の存亡をかけて戦う特殊部隊「パンドーラ」が誕生する。

契約の時、希望は彼らに託された―

激変した世界のなか、進化した特異生物B.R.A.Iを相手に、パンドーラと呼ばれる特殊部隊が戦っていくアニメ。戦闘機として、MOEVと呼ばれる機械(のちに人型に変形できる)に乗って戦います。

設定やら敵やら戦闘シーンやら、1話を見た時はこれからどうなるんだろうというワクワク感が高かったのですが、何というか……専門用語? みたいなものがたくさん出てきてよく分からなかったですね。

2クール全26話もあったのにストーリーが頭に入ってこなかったというか。もちろんそれぞれのキャラクターが掘り下げられる話はあって、敵の目的もはっきりしてるんですが。「面白い!」って言えるほどじゃなかったな。でもつまらなくもなくて、そこそこ、普通ってとこですかね。