C;F Blog

日常生活で起こったこと・思ったことを書いています

PK戦のやり直し

今月6日に行われた、天皇杯2回戦の名古屋グランパス奈良クラブの試合において、競技規則の適用ミスがあったために、PK戦の一人目からのやり直しを決定しました。

f:id:Rgscedp19872:20180611213030p:plain

説明すると、「奈良クラブの4人目のキックがフェイントを入れて蹴り直しとなったが、本来ならばそれは反則でありPK失格となる。しかし主審が蹴り直しを命じ、そのままPKを続けてしまったために、奈良クラブが勝った。この時もし失格となっていれば、2-4で名古屋グランパスが勝利していた」というもの。

PK戦だけやり直すのは、国内では初めてのケースで、世界的にも異例みたいです。まあ、主審や副審もこのルールには気付かなかったみたいだし、こういう判断でいいんじゃないですかね。サッカーの競技規則は変わり続けてるみたいだし…ミスをすることもあるんじゃないかと。