C:F Blog

日常生活で起こったこと・思ったことを書いています

パシフィック・リム 視聴

2013年8月に公開された、パシフィック・リムを視聴。ジャンルはSF。キャッチコピーは「人類最後の望みは、この巨兵」。製作会社はレジェンダリー・ピクチャーズ金曜ロードSHOW!で放送されたので、録画して見てみました。

f:id:Rgscedp19872:20180513225750p:plain

ストーリー(公式サイトより)

深海から突然、出現した巨大で凶暴なエイリアン"KAIJU"。それは何年にもわたって何百万人もの人命を奪い、人類の資源を消耗していく戦いの始まりだった。

巨大なKAIJUと戦うため、人類は特殊な兵器を開発。"イェーガー"と名づけられたその人型巨大兵器は2人のパイロットが同時に操縦する。彼らは操縦前に、神経ブリッジを通して互いの脳を同調させる"ドリフト"というプロセスを得て戦闘態勢に入るのだ。最初は郵政だったイェーガーだが、KAIJUは出現のたびにパワーを増していき、その容赦ない襲撃の前に、人類は対抗できなくなっていく。

いよいよ滅亡の危機に瀕し、人類を必死に守っている者たちに残された選択肢はただ1つ。疲れきって一度はパイロットをやめた男(チャーリー・ハナム)と、実戦経験のない
新人(菊地凛子)という、ふつうなら考えられない2人がコンビを組み、旧式のイェーガーで戦うことになった。彼らは、迫りくる滅亡を食い止める人類最後の希望としてKAIJUに立ち向かう。

簡単に説明すると、「巨大な怪獣」と「人間が乗る巨大ロボット」がド派手にバトルする映画です。この怪獣がめちゃくちゃ強いわけよ。イェーガーって名前の巨大ロボットは全高80mもあるんですが、怪獣の方は同じくらい…いやそれ以上に大きい。100mくらいあるのかな? 普通にイェーガーぶっ壊す描写があったからね。

 

しかし、もともとの公開時間は2時間12分なのに、金曜ロードSHOW!の枠は2時間。CMもあるので、カットしたら1時間半くらいになってしまった。だから展開がちょっと急すぎない? って何度も思ったわけだ。

ノーカット版も放送してくれないかな。