C:F Blog

日常生活で起こったこと・思ったことを書いています

牙狼<GARO>-VANISHING LINE- 視聴

2017年秋アニメの1つである、牙狼GARO>-VANISHING LINE-を視聴。2クール、全24話。ジャンルは伝奇、ファンタジー、ヒーロー、アクション。キャッチコピーは「それは、過去へと繋がる未来」「約束された未来 終焉のその先へ」。アニメーション制作はMAPPA

f:id:Rgscedp19872:20180406175252p:plain

ストーリー(テレビ東京公式サイトより)

巨大都市、ラッセルシティ。

「ガロ」の称号を持つ魔戒騎士・ソードは、魔界より現われ人間に憑依する魔獣・ホラーからその街を守るため、人知れず闘う日々を送っていた。

ある時、ホラーを討滅する中で、ソードは「エルドラド」という謎のキーワードに遭遇する。そのキーワードに、ホラーが目論む巨大な陰謀を感じ取ったソードは、ホラー討滅だけでなく、「エルドラド」の意味を探すために調査を始める。
そんななか、ソードはソフィという少女と出会う。ソフィもまた行方不明になった兄が残したメッセージ、「エルドラド」の意味を探し求めていた。兄を失ったソフィ、そしてソードもまた過去に妹を失っていた。
「エルドラド」という言葉に引き寄せられた二人は、互いに見えない絆を感じ、行動を共にするようになる。

そして、それぞれの想いが交錯する旅がはじまった―  

 もともとは特撮作品として始まった牙狼GARO>シリーズ。終わった後も多くの続編や番外編が作られています。

今回のVANISHING LINEは、アニメシリーズとしては3作目。調べてみたら作品ごとに独立しているので、どれから見ても問題ないとのことでした。

いや~全体的にアクションが凄い作品でしたよ。主人公のソードが筋骨隆々のおっさんで、武器は剣を使ってるんですが、拳でも十分に強い。頼れる感が半端なかった。「とりあえずこのおっさんがいれば勝てるんじゃね?」って思ったくらいだし。その強さと容姿からゴリラにしか見えなかったよ。